FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャートチェック

  • 2013/06/04(火) 00:44:41

お久しぶりです。


トレード日記 ブログランキングへ
↑モチベ向上のために清きワンクリックをお願いします!

明日からクリック証券に移籍して売買を開始する予定。
ブログも自身のメモ代わりの位置づけとして、面倒なので書き殴りとするため「です・ます」調はやめ。

それにしても最近の日経平均は弱いっすね。
先週から売り目線に頭は切り替わっているので、何の不思議もありませんが。twitterでも散々売り煽りしてるし 笑

ここからはどこで日経や個別が反転するかを見極める必要がありそう。
外資の買い残を考えるとこんなところで相場は終わるはずがないのですが、個人の信用買い残が溜まりすぎているのが厄介。少し前のマツダと状況が酷似してる。

ちなみに、現在狙っているのはカジノ関連銘柄。
口座にお金があれば寄りで買ってたけど、思惑とは裏腹に月曜日から噴いてしまった。残念。

買うと決めたら、撤退ラインを決めてまずは早めにポジるのが得策ですわ。


以下、チャートチェック。
面倒なのでトレンドラインを引いたチャート図は張りません。


◆3036 アルコニックス

1950円前後で反発するなら買い。
支持線は50日線1,961円、13週線1,947円、とか。

トレンドラインの支持線が日足、週足、月足、と複数アリ、まさにそれらにさしかかろうとする局面。


◆4751 サイバーエージェント

長きに渡って上昇を阻んでいた週足のトレンドライン抵抗線が支持線になるか見物。
支持線になると睨んでいるので、ここからの下値余地はあまりないと考えているので買う予定。

クッションになりそうなのは50日線192,894円、13週線189,808円。
これらを強く割るなら手出し無用。


◆8739 スパークスグループ

4/24と5/8を結んだ抵抗線が支持線になるかどうかを監視。
下値は50日線を支持線に切り上げているけど、いかんせん上昇の力が弱い。

25,000円の水平線は鉄壁の支持線になっているので、この水準であれば買い。
50日線28,239円、13週線は27,256円。


◆8766 東京海上HD

100日線2869円で反発するかチェック。昨年11月から機能する支持線。
26週線2,803円を大きく割ることは考えにくいので買ってみるつもり。100日線を割ったら底なし臭い。

ただし、この銘柄は日経と連動するので、日経が反転しないと旨みが少ない予感。


◆8732 マネパG

2-3万円のBOX圏を抜けた後は3万円が水平支持線になると思っているけど、3万円をキープできるか監視。
割った場合は13週線28,553円で反発できるか。25日線は30,626円。28,000円台まで下げたら迷わず買う。


◆3159 丸善

怪しい。300円を下値として固められるようなら、新しい局面入りな予感、
ボリバン+3σを突き抜けたので目先は調整するだろうけど、そこで拾ってみるかも。


◆6418 日本金銭機械

上値抵抗線突破。成長戦略の材料も出る可能性が高いので、面白そう。


◆2410 キャリアDC

50日線84,524円、13週線84,500円が支持線。
上昇の力強さはないけれども、13週線をキープできるようなら買いたい。



今日のチェックはここまで。
日経があまりにも弱いようなら無理はしない。

スポンサーサイト

[4751]サイバーエージェントのチャート分析

  • 2013/04/21(日) 23:51:03

こんばんは、中村です。


トレード日記 ブログランキングへ
↑モチベ向上のために清きワンクリックをお願いします!

最近、購読者が増えてきたので少しでも有益な情報を提供できるようにしたいなと思いつつも、最近のブログ更新はかなり手抜きです。すみません。

連日の遊びで疲れているため、本日はチャート分析をするつもりはなかったのですが、気合を入れてがんばります。
アクセス解析をしてみるとリピーターの方が多いようで、ブロガー冥利に尽きます。ありがとうございます。

過去の自分のチャート分析を読んでもらえば分かりますが、値動き予想の精度は高いなと。
これまではお気に入り銘柄が分析対象だったのですが、今後は騰がりそうな銘柄や化ける可能性のある銘柄を分析対象にして、読んでくれる人の役に立ちそうな分析にしたいと思います。


[4751]サイバーエージェント

◆結論

・超重要な節目にさしかかっており、4/22週の動きが今後の値動きを決めそう
・トレンドラインを上抜けた場合、21ヶ月続いた下落トレンドの転換を示唆
・水平抵抗線20万円を出来高を伴って上抜ければ面白そう
・逆にトレンドラインで反落するようなら、売り有利のターン

要約すると、超重要な節目に差し掛かっています。
下部に貼ってある週足ラインをみれば一目瞭然ですが、サイバーAは約二年間も強烈なグランビル売りの法則が働いているんですよね。

それを破れば、今後はかなり期待がもてます。中長期では上。
前回決算を読んだ時、サイバーAは成長が鈍化したので面白みのない銘柄だと思っていたのですが、ネット選挙分野にも事業展開するようで、ここにきて一気に注目度があがった銘柄です。

◆特徴
美人が多い会社。うらやましいぜ、こんちくしょう。

◆テクニカル分析

2月から40日線が抵抗線として機能するも、4/15に大出来高を伴って40日線と200日線を上抜け。
2011年7月19週高値と2011年11月14週高値を結んだ抵抗線が超強力に機能しており、綺麗なほどにその抵抗線に接触しては反落し、二年近く高値を切り下げてきています。

抵抗線は上記のトレンドラインと40月線。とにかく、このトレンドラインが強く機能しており、19日終値でもまだこのトレンドラインを明確に上抜けできていません。ここを上抜けない限り、買いで入る旨みは少なそうです。

支持線は60月線と26週線。上記のトレンドラインで反落した場合、この二つの支持線付近で買い直せばよいです。
比較的に分かりやすい値動きなので、往復で取りやすい銘柄です。

20万-21万円帯の縦の出来高は多くないので、上がる場合は21万円まですんなりいきそう。
おそらく、週足のボリバンや乖離率を考慮すると、トレンドラインを上抜けた場合は調整もすぐにきそう。

ここで軽く揉み合って過熱感を冷ませば、昨年高値の25万円を目指す動きが予想されます。
兎にも角にも、頭上にあるトレンドラインを破らないことには何も始まらない銘柄なので、これ以上はあまり言うことがないです。

暇を見つけて、業績や事業についても分析してみたいと思います。
それでは最後に、美しいまでに規則性のある週足チャートをご覧下さい。

サイバー週足

簡単ですが以上です。
2年続いた下落トレンドに終止符を打つことができるか、来週はサイバーの値動きに要注目です。

※投資は自己責任でお願いします

[7732]トプコンのチャート分析

  • 2013/04/14(日) 12:04:37

おはようございます、中村です。


トレード日記 ブログランキングへ
↑モチベ向上のために清きワンクリックをお願いします!

本日は一週間ぶりにチャート分析をします。
この銘柄は2月に公募増資を発表しているのですが、実は運悪くその前日で買ってしまった苦い経験のある銘柄です。

来週、動きを確認してから、少しだけ仕込んでみようかと思っています。
ちなみに、今夜、余力があればもう一銘柄分の分析をするかも。不動産のあの銘柄。

[7732]トプコン

◆結論
・抵抗線を上抜けたので新波動に突入した可能性がありそう
・目先の節目は950円と1000円
・1000-1600円が真空地帯なので1000円を超えれば上昇に弾みが付きそう
・MACD、DMI、一目均衡表(三役好転)はトレンド転換を示唆
・売り長
・4/26の決算発表には要注意


◆企業特徴
・一応TPP関連らしい
・第3四半期累計の営業利益が4年連続で赤字であるも、2013年第3四半期で5年ぶりに黒転
・当期純利益も3年ぶりに黒転予定 ※2010年が微々たる純利益なので、実質的には5年ぶりに大幅改善
・民主党政権下の円高に悩まされた会社なので、2014年3月期の決算が面白そう

決算短信をザッと読む限りでは、構造改革を頑張った印象を受けました。
これに為替の動向を加味すれば、2014年3月期は期待がもてるんじゃないですかね。


◆チャート分析
上昇し始めてから株価が二倍化したことや公募増資などもあって、2/18に年高996円をつけて以降は2ヶ月弱も調整しています。

4/11に2/18高値と3/6高値を結んだ抵抗線を出来高を伴って上抜けており、新しい波動に突入。
直近の節目は前回高値960円と年高996円で、この二つを奪取するとめちゃくちゃ面白い展開が期待できそう。

その根拠は、月足1000円-1600の縦の出来高が極端に少なく、擬似青天井モードになるため、1000円を超えれば上昇に弾みが付きそう。1000円を超えたのを確認して入るのも有りだと思います。

抵抗線は950円。直近では終値で950円以上を付けていないため、まずはここが最初の鬼門になります。
その後は、桁変わりの1000円水平線がかなり強めの抵抗線になります。この950円と1000円の二つの抵抗線を破らない限りは、面白みのない銘柄ですね。

支持線は50日線、800円水平線、13週線です。900円を割るようなら撤退してもよいかも。850円辺りの出来高が厚いので、下げた場合はこの辺がクッションにもなりそう。

その他の指標としては、DMIがGC、MACDもGCしてトレンドが変わったことを示唆しています。
一目均衡表でも雲を抜けたので面白そう。

最後に懸念点をあげると、2013年3月期の業績には要注意。
業績が回復基調にあるとは言え、蓋をあけてみないとわからないので、4/26の決算発表はノーポジ推奨です。

というか、毎年第四四半期で数字をドカ積みしてくる会社なので、現状は通期予想と第3四半期累計の業績に乖離があります。為替の後押しもあるので大丈夫だとは思っていますが、業績修正には要注意です。

1000円を超えれば面白そうな会社ではあります、

トプコン日足

以上です。
※投資は自己責任でお願いします

[3268]一建設のチャート分析

  • 2013/04/08(月) 21:51:52

こんばんは、中村株三郎です。


↑モチベ向上のために清きワンクリックをお願いします!

本日は総合不動産の3268一建設のチャート分析をします。
名前が誤解を招きますが、戸建分譲事業やマンション分譲事業が主力事業の不動産関連銘柄です。

出遅れかつ、保ち合いからの上放れを演じたばかりなので、初動だと読んで買いました。
不動産銘柄はS高連発なので、出遅れ銘柄にも資金は回ってきてもおかしくないですね。

イーギャラとスパークスグループの初動を捉えたように、一建設にも噴いてほしいです。

[3268]一建設

◆結論
・高値圏保ち合いを上抜けして新波動に突入
・ボリバンが縮小から拡大に移行する局面なので上昇の初動と判断
・上場来高値を更新したので、正真正銘の青天井モードで上値は軽い
・売り長
・支持線、6,000円平行線を割った場合は手仕舞い



◆特徴
戸建、マンション、請負工事、を手がける総合不動産事業。好業績。
職人不足で建設業界が人手不足のなか、請負工事の子会社を自前で持っていたりもします。


◆チャート分析
急騰からの高値圏保ち合いを上抜けして、現在は新波動の初動。
15日線ボリバンが縮小から拡大に移行する局面なので、非常に面白そうです。

増配と2014年1月期の業績見通しを好感して、3/13に窓を開けてのギャップアップ。
その後、短期で45%も上昇したために三週間ほど高値圏で保ち合いを演じていましたが、4/5と4/8に抵抗線をブレイク、節目の6,000円を大陽線を付けて上抜けてきました。

抵抗線は、1/22高値と3/15高値を結んだ線、値幅制限の変わる7,000円水平線の二本です。
支持線は、3/1安値と4/2安値を結んだ線、50日線です。6,000円水平線を割るような場合は、一度撤退した方がよいかもしれません。

需給の面で言うと、上場来高値を更新したので、ここからは正真正銘の青天井モードで、上値は軽いです。
あとは、売り長になっているので、ここから更に売りが溜まるようであれば面白そうです。

その他、MACDがシグナルをゴールデンクロスしていますので、保ち合いの終了と判断してよさそうです。

一建設日足

簡単ですが、以上です。

※投資は自己責任でお願いします。

[4321]ケネディクスのチャート分析

  • 2013/04/04(木) 22:55:58

こんばんは、中村です。


↑モチベ向上のために清きワンクリックをお願いします!


今日は珍しく人気銘柄のケネディクスのチャート分析をしてみます。
不動産関連銘柄では出遅れの[8739]スパークスグループ[3277]サンセイランディックを保持していますが、ケネディやいちごも当然監視しています。

ここらで一度チャートを分析してみて、今後のエントリーの参考にしたいと思います。

[4321]ケネディクス

◆結論
・25日線+1σ~2σ間を行き来して上昇する上昇トレンド(4/2に新波動入り)
・25日線+1σまで下落した場合は押し目と判断して買い
・6.5万円以上は縦の出来高が少ないので擬似青天井モードで上昇に弾みがつきそう
・10万円が射程圏内に入ってきており、現在は過熱感もあるので高値圏で保ち合いを一度演じるかも
・月足でみると、まだまだ上昇を期待できそう

今更ですが、非常に面白そうな銘柄ですね。
直近で過熱感があるので、ここらで保ち合いが発生すれば節目の10万円を意識した強い値動きになりそう。
25日線+1σまで押した時は買いで良いような気がします。それを割った時はトレンドラインで拾い直す形でしょうか。

◆チャート分析

25日線のボリバン+1σ~2σ間をジグザグ行き来して上昇する、上昇トレンドです。
4/2に1/7高値と1/31高値を結んだ抵抗線を大商いかつ大陽線で上抜けており、新波動に入ったように見えます。

さらに、6.5万円以上の縦の出来高が極端に薄いので、そこを超えれば擬似青天井入りで上昇に弾みがつきます。

上昇中は25日線+1σが支持線として機能するので、押し目を狙うなら25日線+1σがよさそうです。
25日線+3σにタッチすると必ず一旦下げるようなので、その場合は一度利食いしてから再度+1σで入り直すのが効率がよさそうです。

支持線は25日線+1σ、3/14高値と4/3高値を結んだ線、3/5安値と3/25安値を結んだ線の三つ。
これらを割った場合は、25日線で反発するかを確認した方がよさそうです。

抵抗線は3/14高値と4/3高値を結んだ線。
週足でも月足でも抵抗線は特に引くことができそうにないので、ここからは8万円や10万円といった水平平行線が抵抗線として機能しそうです。

最後に月足を見てみると、まだまだ面白い展開が期待できそうです。

個人的には、25日線+1σに接触する時に買いで入ってみたいです。
7万円を超えれば節目の10万円が射程圏内に入ってくるので、それを意識して強い値動きが予想されるので、そうなる前に一度高値圏で揉み合うと更に上昇に弾みがつきそう。

最後に懸念点をあげると、2/15に窓をあけて暴落しているので、この暴落した理由は確認しておいた方がよさそうです。

簡単ですが、以上です。
気が向いたら、業績や事業について調べてみたいです。

日足チャート
ケネディクス日足

月足チャート
ケネディクス月足

※投資は自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。